登録販売者試験とは

合格するには
スポンサーリンク

他人の生命にかかわる資格

登録販売者試験とは、たった120問でその受験者が

「他人の生命に関わる薬をあつかって良いのか?」

「それだけの知識があるのか?」

「それに見合った人物であるのか?」

それを見極めるための試験内容となっています

だから120問で聞いてくる内容はとても大事で根本的な内容になります

合格するには

とっても大事で根本的なことだから

これまでの過去の試験や他のブロックの試験でも同じ内容が何度も繰り返し聞かれています

つまり頻出問題や類似問題が多い試験内容となっています

だから合格する最短の方法は過去問を徹底的やって頻出問題・類似問題を覚えることです

高難易度問題

もし過去問を徹底的にやったのに、本番の試験ではこれまで見たことが無いような

難易度の高い問題が出題されることがあります

でも大丈夫

出題者側は120問で受験者が登録販売者にふさわしい人物か見極めなくてはならないのです

たった120問です

「知っていたほうが良い」程度のムダな問題をたくさん出題できる余裕はありません

だから高難易度問題はできなくても合否には影響ありません

自分を信じる

試験当日は焦らずに

自分が積み上げてきた実力を出す

自分を信じて

そうすれば絶対に合格できる

コメント