資格取得を考える主婦に独学で登録販売者がオススメな3つの理由

勉強方法

現在1才児がいる31才主婦です、来年は子供を預けて仕事をしようと思います、なにかオススメな資格がありますか?

50代主婦です、子供も手が離れ本格的に働こうと思いますが、年齢的に厳しいので私でも就職に有利になる資格ありますか?

20代主婦です、登録販売者の資格に興味があります、医療関係の経験はありませんが、独学で合格出来ますか?

最近のネットや資格取得情報誌などで主婦にオススメの資格として登録販売者が人気となっっています。

それを見て「自分でも取得できるかな?」「でも難しいかも…」「そもそもどんな資格?」などさまざまな疑問が浮かんでくると思います。

私は2016年から地方のドラックストアで登録販売者試験の講師をしています。その関係からこれまでも社内のパート・アルバイトの方はもちろん、SNSからご近所の奥様までたくさんの方々から「主婦が独学で登録販売者を取得するのはオススメか?」と問い合わせがあります。

そんな時に私は大きな声でYES!と言っています。

そこで、この記事では多くの方から登録販売者試験について頂いた質問を、現役で登録販売者試験の受験指導を行っている私が解説します。

この記事を読むと次のようなことが分かります。

  • 登録販売者とはどんな資格か。
  • 登録販売者に受験資格はあるのか。
  • 主婦が独学でも合格できるのか、難易度はどのぐらいか。
  • 求人や就職につながる資格なのか。

登録販売者は一般医薬品のほとんどを取扱できる専門資格です

登録販売者とは2009年に施行された改正薬事法(現在の薬機法)により新たに登場した、一般用医薬品の取扱をする資格です。

薬は薬剤師さんが売っているイメージですが?…

確かに以前は薬を取り扱うのは薬剤師さんというイメージでしたが、2009年に登録販売者の資格が設立され以降、ほとんどの一般用医薬品をこの登録販売者が取扱できるようになりました。

ほとんど…ですか?

はい、大事なことなので説明します。

一般用医薬品にはリスクに応じて「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」と3つに区分されています。

一般用医薬品のリスク区分
第1類医薬品特にリスクが高いものガスター10やロキソニン等
第2類医薬品リスクが比較的高いもの解熱鎮痛剤やかぜ薬等
第3類医薬品リスクが比較的低いもの整腸剤やビタミンB・C剤等

このうち登録販売者が取扱できるの第2類医薬品と第3類医薬品となります。

そして市販されている一般用医薬品の9割は登録販売者が取扱いができる第2類医薬品・第3類医薬品の医薬品となります。

なるほどだから、登録販売者は市販薬のほとんどを取扱できるのですね。

つまり登録販売者は身近な薬のスペシャリストの資格なのです。

  • 登録販売者は一般用医薬品を取扱うための資格。
  • 一般用医薬品の9割は登録販売者が取扱える第2類医薬品と第3類医薬品。
  • 登録販売者は身近な薬のスペシャリスト。

登録販売者が主婦にオススメな理由1:誰でも受験できるからです!

以前、社労士を受験しようと思ったら受験資格がなくて…

登録販売者はなにか受験資格ありますか?

登録販売者が主婦のみなさんにオススメな理由その1は、特別な受験資格のようなものは基本的にないことです。

以前は最終学歴や薬局・薬店での実務経験の年数などの制限がありましたが、2015年以降は受験制限はなくなりました。

現在の登録販売者は特別な受験資格はなく、誰でも受験できる資格となっています

ですから主婦の方にオススメなの資格なのです。

登録販売者が主婦にオススメな理由2:独学で合格できる資格だからです!

本当に独学で合格できるのですか?

登録販売者が主婦の方にオススメな理由その2は、独学でも十分合格できる資格だからです。

実際に私の勤務する会社のパート・アルバイトの方やSNSのフォロワーのみなさんなど、ほとんどの方が家事や育児などの空いた時間に独学で勉強して合格しています。

登録販売者は合格率も高く他の資格と比べても学ぶ環境が非常に整っています。

必ず合格するという熱意さえあれば独学で勉強しても十分に合格できる資格です。

しっかり勉強したら大丈夫!令和3年登録販売者試験の合格率は41.5%

そんなに合格率高いんですね、私でも大丈夫かも

登録販売者試験の合格率は各県により多少バラツキがありますが、直近の令和3年の全国平均合格率は41.5%でした。

41%以上ということは、平均的な人より少し頑張れば独学でも十分に合格できるということです。

実際に私の周りで合格している人もほとんどが独学です。

登録販売者試験の難易度は、ほかの国家資格や公的資格の中では比較的低いと思います、だからこそ独学で頑張ろうと考えている主婦の方に人気がある資格となっています。

登録販売者試験はしっかり勉強したら合格できるというのは、このような数字からも裏付けられると思います。

主婦の独学なら勉強期間は余裕をもって半年~1年がオススメ

長く無いですか?ネットでは○ヶ月で1発合格!とか見かけますが…

主婦の方であれば、勉強期間は少し余裕を持って半年から1年が良いと思います。

確かに、ネットやSNSで発信している人の多くは短い期間で合格している人が多いです。

そのような人は勉強慣れしているので、効率の良いスケジュール管理や勉強方法など非常に参考になりますが、自分も同じようにできるかどうかは別だと認識してください。

もしこの記事を読んでいる方が勉強が得意ならそれでも大丈夫だと思います。

それよりも、実際に多くの主婦の方から勉強の相談を受けていると、勉強をする上で1番ネックになるのは学力や学習方法ではなく勉強時間の確保であることがほとんどです。

ですから勉強期間は余裕をもって多めに取ることをオススメします。

実際に私のツイッターをフォローする人の中には「来年受験予定です!今から情報収集します」と言ってフォローする人も多くいます。

始めのうちは生活の中で勉強をできる下地作が重要だと思います。

SNSフォロワーさんの失敗例

勉強期間3ヶ月目安で登録販売者試験の勉強を始めました

試験日が近づいてくるのに勉強が思うように行かず、毎日夜中まで勉強をするようになりました。

いつの間にか家事なども滞るようになり気持ちも常にイライラしていて、ついには子供から

「もうママ勉強なんかしないで!」と泣かれ、主人からも「そんな資格取る必要なんかない!」と言われケンカになりました。

願書を出した後、試験日の3ヶ月~4ヶ月前ぐらいになると思いますが、勉強の進み方次第では合格のためにガムシャラに勉強をしなくてはならないかもしれません。

ある程度は生活の中で家事や育児よりも勉強時間を優先してを確保しなくてはならなくなります。

そのためにも最初の段階で勉強のための下地をつくりを行い、家族の理解を得ていると「ママ頑張ってるなぁ」と応援してもらえるようになると思います。

  • SNSやネットの情報に振り回されすぎない。
  • 勉強期間は余裕を持って設定する。
  • 家族に応援してもらえるような環境を意識する。

登録販売者試験は独学の環境が整っている

登録販売者試験は資格取得の人気ランキンで常に上位に選ばれていため、参考書や問題集・ネットの情報サイトやYouTube解説動画など、勉強をするための情報がたくさんあり、独学で勉強するには非常に環境が整っています。

数年前であれば「書店に行っても参考書が1冊しか無かったから、良くわからないけどそれを買ってきた」ということが普通でした。

現在では、SNSやインターネットの口コミなどで実際に使用した方の感想が聞けるので自分にあった教材選びができるようになっていますので、独学の方にこれほど有利な環境はなかなかありません。

多くの情報から自分にあった勉強方法を選べる、だから登録販売者の資格は独学でも取得しやくオススメになるのです。

ネットの事はわからないから、娘に買ってもらおうかしら。

  • 人気資格の登録販売者は教材が充実。
  • 無料のインターネット情報サイトやYouTube動画もたくさん。
  • 多くの情報から自分にあったものを選べるから独学の人にオススメの資格。

独学が自信がないなら通信講座も選択の1つです

初めての医療系の資格を独学で合格する自信がないなら通信講座を利用するのも選択の1つです。

お金を払うだけのメリットってなんですか?

独学の難しい所は自分が正しく勉強をできているかわからない事です。

  • 自分が正しい参考書などの教材を選べているか?
  • 自分が正しい方法で勉強ができているか?
  • 自分が正しいスケジュールで勉強を進められているか?

このような事が不安になってきて自分がやっていることに意味があるのか?と試験勉強自体のモチベーションも下がってきてしまいます。

通信講座では勉強のスケジュールやそれに合わせた教材があらかじめ用意されているので、自分で計画を立てたり教材を選んだりする必要がありません。それに質問や相談できるサービスも用意されているため、わからない事を誰にも聞けず勉強に挫折してしまうという事も防げます。

ほとんどの講座では、受験者同士のコミュニティーのようなシステムが用意されているので、おたがいの不安や悩みを相談したり励まし合ったりする事で、独学で一番難しいモチベーション維持が継続できます。

このように独学の問題点を解決できるのが通信講座のメリットです。

こんな人にオススメ
  • 絶対に1発で合格したい人。
  • 効率よく短期間・短時間で合格したい人。
  • 以前に独学で試験を受けたけどうまくいかなかった人。
  • 周りに情報を共有する仲間がいない人。

通信講座はお金がかかりますが、ムダな教材をいくつも買ったり、不合格で何度も受験料を払ったりするぐらいなら、通信講座で1発合格するのとそれほど金額の違いは無いのかもしれません。

少しでも早く合格して資格を生かして就職できれば、管理者要件も早く満たすことができるので、給料の資格手当で通信講座での分はすぐにペイできるとはずです。

独学にこだわらず通信講座を受講するなら、忙しい主婦でも比較的短期間の勉強で合格できるでしょう。

登録販売者が主婦にオススメな理由3:就職に直結できる資格だからです

登録販売者が主婦にオススメな理由3は、就職に直結できる資格だからです。

資格試験の情報サイトを見ていると「主婦にオススメ」と書いてある資格はたくさんあります。

主婦の方にオススメの資格ではあっても、趣味や生涯学習のような資格、履歴書の資格欄を埋めるためだけのような資格もあります。

そのような資格にくらべ登録販売者の資格は就職に直結する資格になります。

登録販売者は求人が圧倒的に多い!

登録販売者は他の同じような資格に比べ求人数が圧倒的に多いです。

最近はドラックストアだけでなく、スーパーやホームセンターコンビニまで一般用医薬品の取扱を行っています。

小売業で一般用医薬品の取扱を行う場合は、その店舗の売場に必ず登録販売者がいなくてはなりませんもし売り場に登録販売者がいない場合(休憩時間等)その区画を閉鎖しなくてはなりません。

登録販売者の資格は、一般用医薬品をあつかう上で実質的に業務独占資格に近いものとなっています。

各小売業店舗ではそのような状態を避けるため、常に登録販売者の求人を出している状態です。

「登録販売者 求人数」でネット検索すると、求人数が他のものと1桁違いますね。

登録販売者の資格は、主婦の方にとって求人が多いので自分の働きやすい場所や時間で職場が見つかりやすいことも魅力だと思います。

登録販売者は時給・給料が良い(大事)

率直に言って登録販売者は時給や給料が一般の仕事より高く設定されています。

企業によって違いはありますが、平均でパート・アルバイトで時給900円~1200円、ドラックストアの正社員では月収にして20万~26万円となっています。

また資格手当が用意されている企業や、管理者要件を満たした深夜のアルバイトでは時給1800円前後で求人が出ていることもあります。

参考までに…

私の勤務している企業では、管理者要件を満たした登録販売者全員に毎月2万円の資格手当が支給されています。お金を払って通信講座で登録販売者を取得したとしても、2ヶ月程度で元が取れる計算になります。

独学で取得でき、合格率も40%を超える資格でここまで好条件の資格は他にはありません、今すぐ取得しない理由が見つからないと思いませんか?

子供も成人してるし、深夜にやってみようかしら

管理者要件は規制緩和の方向へ!

非常に有用な登録販売者資格ですが、登録販売者には1人で薬が販売できる「管理者要件を満たした登録販売者」と他の薬剤師や管理者要件を満たした登録販売者の指導のもと薬を販売する「研修中の登録販売者」が存在します。

スーパーやホームセンターなどで医薬品売り場がチェーン等で閉鎖されていることがあります。これは1人で薬を販売できる「管理者要件を満たした登録販売者」がいないために行われる対応です。

登録販売者試験に合格したら、次に管理者要件を満たす事が重要になってきます。

以前は管理者要件を満たすためには、実質的に正社員の勤務状態で2年以上の実務実績が必要でした。

パートやアルバイトの主婦では無理ですよね…

しかし令和2年3月27日にこの部分が改定され「2年以上5年の内に1920時間の勤務があれば管理者要件を満たす」と大幅に緩和されました。

ザックリ言うと、主婦などのパート・アルバイトの勤務形態でも十分管理者要件を満たせるように規制を緩和したということです。

管理者要件を満たすと店舗管理者代行になれるため、手当がついたりキャリアアップに繋がったり、高待遇での転職もできるようになります。

女性が働ける環境を政府が整えていると言うことですね

登録販売者なら、パート・アルバイトから正社員になれる

子供の手が離れた主婦の方で再就職を考えている人も多いと思います。

しかし再就職を考えても、子供の手が離れた頃では年齢的に採用がキビシイのが現実です。

その時に登録販売者の資格があると、正社員になれる確率はかなり高くなります。

実際の現場では…

私の勤務する企業もそうですが、どの企業でも登録販売者のパート・アルバイトの正社員登用を積極的に行っています。

求人などで管理者要件を満たした登録販売者であれば、よほど勤務条件で折り合いが付かない限り不採用ということは無いと思います。

最近は人生100年時代とか、70才定年や年金がもらえなくなるなど、長い人生で仕事や収入についての不安に思うことが多くなています。

登録販売者を取得すれば、この不安をほんの少しだけかもしれませんが解消できると思います。

いろいろな場所で一生使える資格になりますね

まとめ

最後に主婦に登録販売者資格取得がオススメな理由についてまとめます。

登録販売者が主婦にオススメな理由
  • 受験資格がなく誰でも受験できる資格だからです。
  • シッカリと勉強さえすれば独学で合格できる資格だからです。
  • さまざまな業種・業態で求人が多く、就職に直結できる資格だからです。
  • 登録販売者は時給や資格手当など、収入アップにつながる資格だからです。

受験資格の制限がなく合格率も悪くない、そのうえ求人も増え続けていて給料も良い。

登録販売者は、自分のライフスタイルに合わせたキャリア作りに絶対に有利に働きます。

現在は求人も多く合格率も高い登録販売者試験ですが、資格試験ではよくあることですが、ある程度登録販売者の数が増えたら取得の難易度が上がってしまう事も十分予想されます。

そうなってしまう前に今すぐ登録販売者の資格取得をオススメします。

コメント