登録販売者試験の手引の改定について

jis勉

登録販売者試験作成の手引って改定される事があるんですよね?

せっかく勉強しても無駄になっちゃうんですか?

登録販売者の試験問題は厚生労働省の「試験作成に関する手引」から出題されます。

ですからこの手引の内容をしっかり勉強する事が試験合格の絶対条件です。

しかしこの手引ですが何年かごとに内容の改定が行われることがあります。

試験問題は手引から出題されますので、改定があったことを知らないままでいると本番試験で思わぬ苦戦そするかもしれます。

今回は登録販売者の「試験作成に関する手引」について良くある質問とその対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

改定はいつ行われるの?

手引って毎年改定されるんですか?

されるとしたらいつ頃ですか?

「試験作成に関する手引」の改定は毎年行われるわけでは有りません、直近では平成30年3月でその前は平成28年の4月でした。

ですから次にいつ改定があるかは分かりませんが、時期的には3月か4月であることが多いと考えられます。

手引の改定があると今までの勉強が無駄ですか?

試験問題は手引から出るんですよね?

改定があるとこれまでの勉強が無駄ですか?

実際に今後いつどの程度の改定があるかは分かりませんが、これまで改定があった場合は厚生労働省のHPに新しい手引と一緒に改訂履歴入の手引も掲載されます。

ですからこの改定された部分だけ再度見直しを行えばよいのですが、個人でそこまで確認するのはなかなか難しいです。

ですが大丈夫です、今はインターネットの時代です改定があった場合は各参考書出版社や通信講座を行っている会社、さらにYou Tubeなどでも丁寧にどのように改定があったのか解説情報がすぐに発信されます。

むしろ改定のあった部分は、かなりその年の試験問題に出題されるので、これらの情報をしっかりおさえておけは逆に点数を取りやすい場合もあります。

ですから改定が行われるかどうかの情報はしっかりと確認しながらも、なるべく早く勉強を始めることをおすすめします。

改定があったとき参考書はどうするの?

参考書はどうしたら良いですか?

改定があってからそれに対応した参考書を購入したほうが良いですか?

参考書は改定があるかどうかを気にせず、その時手に入る最新のものを購入することをおすすめします。

なぜなら3~4月に改定があったとしてもそれに対応した参考書が出版されるのはどんなに早くても6月以降になります、それから勉強を始めたのでは試験に間に合いません。

ですから、現時点で手に入る最新の参考書を手に入れて早い時期から勉強を始め方が良いです。

現時点では「平成30年度改訂版」などとしているものであれば問題有りません。

中古などで手に入れる場合は平成30年度の改定に対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

改定に対応した勉強法は

最後にまとめます、現時点で手に入る最新の参考書を手に入れて、なるべく早い段階から勉強を始めたほうが良いです。

もし改定があった場合はインターネットなどでどのような改定があったのか情報をシッカリと確認して勉強をすることが良いと思います。

先にも書きましたが、これまで改定があった場合は改定された部分はかなり出題率が高いく、あまりひねったような出題はされないと思いますのでむしろラッキー問題になる可能性があります。

改定はシッカリと対応さえできていれば決して怖いものでは有りません、あまり深く考えず勉強を進めたほうが良いと思います。

コメント